榛名山ヒルクライム試走レポート。久しぶりの長い登りで、自分に足りないものを実感しました。

スポンサーリンク
トレーニング

おはようございます。うっかり八兵衛ことキノです。

昨日4月8日に榛名山ヒルクライムの試走に行ってきました。

チームメイトのI氏と『とりあえずハルヒル試走やっときます?』という事で、いつもの朝練の番外編として企画。レースには出ない、はるそめ氏も釣れて3人で試走練に行くことになりました。

5時にはるそめ家に集合。今日ははるそめカーで行きます(ありがとう!)。自転車3台を中に積んで、3人乗れるウェイクの優秀。

試走者用の駐車場『滑川駐車場』には7時前に到着。

当たり前だけど誰もいない。笑

サクッと準備をして、朝練番外編スタート!

『ハルヒル』とは?

榛名山ヒルクライムの略称。今年で9回目の開催になります。

コースはこんな感じです。

榛名山ヒルクライム公式ホームページより

 

私は過去に1度だけ、2014年大会に出場し、エキスパートクラスで7位でした。

朝練番外編『榛名山ヒルクライム試走』

榛名湖フルコース(計測区間): 49分50秒 NP250W

滑川駐車場を出るとすぐに計測地点付近に出る(406号線との分岐点)ので、そこからスタート。

ハルソメ家まで自走したのですが、アップにはなっていないので最初の15分はアップのつもりで180〜200Wくらいで先頭固定で引きます。

景色がいいのもハルヒルの魅力

今回は試走なので景色をしっかり見て、イメージを焼き付けておきます。最後に出たのは2014年なので、全くコースを覚えていない…

15分過ぎた辺りから少しずつペースUPしていきます。大体SST付近(245〜260)で進行。

初心者ゴールを過ぎてから勾配が上がる区間が増えてきます。だいたい8〜10%くらい。榛名神社以降の急勾配に備えて、勾配が上がった時のフォームと踏み方の確認をしつつ榛名神社コースのゴールポイント。

以降、14%くらい急勾配が出てきます。「よし、ここからは全開で!」とはいえ、ここまでSST付近で踏んできているので思ったより出せません。。。270〜320W位で推移。

途中工事区間でストップ。急勾配のワインディングは「ヒルクライムやってるー!!」って感じがして、好きです。

途中途中で『ゴールまであと〜km』って表示があります。試走者用駐車場といい、ありがたい事ですよね。感謝。

残り500m看板過ぎて、男根岩(!?)が出現。ラストスパート!と意気込むも、ヘロヘロで、ヒョコヒョコとダンシングしながら榛名湖コースのゴール!

手元計測で49:50でした。

とりあえず試走の目標、『50分は切る』は達成。

全員無事にゴール。

みんなへろへろ。笑

身体が冷えない内に、榛名神社まで降って、神社以降の急勾配区間をもう一本。

フルコース1本+おかわりを軽く1本やって10時前に下山と非常にコスパのいい試走練となりました。

試走に行く上での注意点

駐車場は試走者専用駐車場『滑川駐車場』に停めましょう。

せっかく主催が設定してくれた駐車場です。使わせていただきましょう。

初心者コースゴール 鳥居付近の桜は今が見頃

他にもコース途中の桜が綺麗でした。レース中は見る余裕が無い人がほとんどだと思うので、試走で是非見てみて下さい。

工事中の場所があるので特に下山は注意

特に榛名神社以降の工事箇所が、下ではカーブの後に現れるので注意が必要です。勾配もきついので、いつでも止まれる余裕を持って降りましょう。

試走を終えて気付いた事

長い間40分を超えるようなヒルクライムをやってなかったので、パワーを持続する能力が落ちている気がしました。

SST carsonや朝練も断続的なインターバルなので、中強度のパワーを長時間維持する能力が低下していたのかなと。

ハルヒル開催までは後1ヶ月しか無いですが、SSTの持続時間を伸ばしたトレーニングや、L4滞在時間を伸ばす事を意識して残りの1ヶ月を過ごしていこうと思います。

では、また!

コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました